Windows DVDメーカー

何よりうれしいのはWindows Vistaおよび7に標準で搭載されているということです。使い方もめちゃくちゃ簡単です。
3gp等のファイル形式には対応していませんので先に紹介したFile Convertor等で変換する必要があります。

ルートメニュー・シーン選択メニュー・メッセージ画面 を作成する機能や、自動チャプター設定機能なども付いています。作成したビデオは、空のディスクにライティングすることでしか出力できません。メニューのテンプレートがおよそ20種類用意されているのと、メニューにもBGMを付けたり、メニューの背景にも動画を指定するといった機能まで備えています。細かいオプション設定を行えない一方、割りと凝った感じのメニュー画面を作ることができる。
先にも書いたようにWindows7までに搭載されているため、Windows8では利用できない。とても使いやすいソフトだっただけに、Windows8では搭載されなかったのが非常に残念なところですね。

大まかな作業手順としては、
①写真とビデオをリストに追加して、DVDのタイトルを決める。
②必要であれば、再生設定 • ビデオの縦横比率 • ビデオ形式の設定をする。
③DVDのメニューについてカスタマイズする。
④「書き込み」ボタンをクリック
このようにすればDVDへの書き込みが開始されディスクができあがる。

● 入力サポートフォーマット
動画 -  avi / mpg / m1v / mp2v / mpeg / mpe / mpv2 / wm / wmv / dvr-ms / wtv / asf。
音声 -  wav / mp2 / mp3 / wma。
画像 -  bmp / dib / gif / jpg / jpeg / jfif / jpe / png / tif / tiff / emf / wmf / wdp。
● 出力サポートフォーマット
DVD ディスク