DVDStyler

作成者 : Alex Thuring
http://www.dvdstyler.org/ja/
DVDStyler は、AVI, MOV, MP4, MPEG, OGG, WMV などの動画ファイルから家庭用 DVD プレイヤー(レコーダー)で再生可能な DVD ビデオディスクを作成する DVD ビデオ オープンソースソフトウェアです。

DVD ビデオメニュー編集が可能で、静止画のスライドショーの作成、複数の字幕および音声トラックの追加、背景画像用の画像ファイルの取り込みなどが可能で、GUI ( グラフィカルユーザインターフェース ) により簡単な操作でオリジナルの DVD ビデオを作成することができます。ダウンロード後、インストールして使用しますが、インストールが不必要なポータブル版もUSBメモリ等に入れて持ち歩いて使用することもできます。日本語にも対応していますので、インストール時に日本語を選択することでメニュー等日本語になります。

DVDに直接書き込むだけでなくISOファイルを作成したり、HDDへファイルを書きだすことにも対応しています。
実際に使ってみると、音声と映像のずれがあったり、ファイル名が日本語だと失敗することが多く、Windowsムービーメーカーなどを使って自分で映像とBGMを利用して動画を作成したものだと音声ファイルと映像ファイルの終わりがずれたりすることがあるためオーサリンに失敗することが多くあります。ちょっと難しいイメージでした。しかしメニューの作成などできることが多彩でフリーソフトとしてはかなり優秀だと思います。

OS : Windows、Linux、Mac OS X
ライセンス : フリーウェア
DVDStyler 主な機能
● 入力サポートフォーマット
AVI, MOV, MP4, MPEG, OGG, WMV その他のファイル形式に対応
MPEG-2, MPEG-4, DivX, Xvid, MP2, MP3, AC-3 その他の音声および映像形式に対応
● 出力サポートフォーマット
DVD ディスク, DVD フォルダー, VOB ファイル

● 対話的メニュー付きの DVD ビデオの作成と焼付け
● 独自の DVD メニューを作成することも、あらかじめ用意されたメニューの雛形から選択可能
● 静止画のスライドショーの作成
● 複数の字幕および音声トラックの追加
● マルチコアプロセッサーに対応
● MPEG および VOB ファイルを再エンコードなしで利用可能
● 一枚の DVD で複数形式の音声・映像ファイルを使用可能 (タイトルセットに対応)
● ドラッグ & ドロップに対応した利用者本位のインターフェース
● SVG に基づいた、柔軟なメニュー作成
● 背景画像用の画像ファイルの取り込み
● ボタン・テキスト・画像その他の視覚オブジェクトをメニュー上に任意に配置可能
● ボタンや視覚オブジェクトのフォント、色、その他のパラメーターの変更
● ボタンや視覚オブジェクトはすべてサイズ可変
● あらゆるメニューオブジェクト、およびメニュー全体の複写
● DVD スクリプティングによるナビゲーションの独自設定