オーサリングソフトについて

最近のデジタルカメラはすべてといっていいほど動画撮影機能を有していますよね。また携帯電話のカメラでも当然のように動画を撮影することができます。
自分で撮影したり編集したりした動画をパソコンに保存しているという人はたくさんいるでしょう。でも、それをDVDに書き込んでいざ家庭用DVDプレーヤーで見ようと思っても見れないってことはよくあるんじゃないでしょうかね。
実はDVDプレーヤーで見ようとするならばオーサリングという作業が必要になるんです。保存した動画ファイルをDVD-Rなどに書き込んだのではデータのただ保存をしただけにすぎないんです。オーサリングをして1つのDVDビデオを作成しなければならないんですね。

さて、オーサリングソフトですが、ネット上を探してみると無料のものが結構見つかります。Windowsにおいては、Windows Vista以降であればWindowsDVDメーカーというオーサリングソフトを搭載しています。動画の編集に至っても、XP以降であればWindows ムービーメーカーを搭載していますので、動画を作成することができます。しかしXPにはDVDメーカーはありませんので、どこからか引っ張ってこないといけなくなります。それらのものについては後に説明します。また携帯電話で撮影した動画をDVDプレーヤーで見れるようにするにはさらにひと手間必要になってきますので、気をつけなけれなりません。

動画の作成手順

  1. 撮影・録音・・・カメラで動画や写真を撮影し、また背景に流したいと思う音楽を録音して音声ファイルとしてコンピュータに保存する。
  2. 動画編集 ・・・動画編集ソフトを利用して、タイトルやエンドロールなどの文字を加えたり、動画と動画をつなぎ合わせたり要らない部分を削除したり、また録音した音楽を合成して1つの映像ファイルを作成する。
  3. オーサリング・・オーサリングソフトを利用して、タイトルメニューの作成やチャプターの編集をしてDVDに書き込む。

以上のような手順を行うことによってオリジナルのDVDを作ることができます。

オーサリングの手順

  1. 動画の取り込み・・・撮影したり作成したりした動画をオーサリングソフトに取り込みます。
  2. メニュー画面の作成・・・たいていのソフトにはテンプレートが多数搭載されていますので、その中から選ぶだけでDVDのタイトルメニュー画面が簡単に作れます。
  3. チャプター編集・・・チャプターを分けるのですがほとんどの場合、自動でやってくれます。
  4. DVD書き込み・・・出来上がったものをDVDメディアに書き込みます。