携帯電話の動画変換

スマートフォンでもそうですし、ガラケーでもそうなのですが、携帯電話で撮影した動画というのはたいていが3gpといわれる形式で保存されています。しかしながらオーサリングソフトの中には3gp形式に対応していないものが存在します。

それらのソフトがサポートしている動画の形式はaviかmpeg形式の動画です。携帯電話で撮影した動画からDVDビデオを作成しようとするならば、一旦3gpからmpegもしくはaviに変換してやる必要があります。
その返還作業に必要なソフトでお勧めしたいのが「Freemake Video Converter」というソフトです。
ダウンロード元URL:http://www.freemake.com/jp/free_video_converter/

使い方は物凄く簡単です。携帯電話で撮影した動画をmicroSDカードなどに保存してそれをPCに取り込みます。ソフトを起動したのち、画面上の「ビデオ」ボタンをクリックするとファイル選択画面が表示されます。そこで変換したいファイルを選択したのち、画面下の一覧から「MPEG」をクリックします。すると3gpのファイルがMPEGに変換されます。

さらにこのソフトのすごいところはオーサリング機能まで備えているというところです。画面下の一覧に「DVD」というボタンがあります。これをクリックするとDVDプレーヤーで再生できるよう直接変換してDVD-R等に書き込んでくれるのです。タイトルを付けて動画をつないで編集するといった作業が面倒だから撮影した動画のみを直接見れるようにしたいという場合などにはとても便利なソフトです。

ほかにもYoutube用に変換したりブルーレイ用に変換したりと様々な形式に変換できますので、動画を扱う人にはありがたいソフトだと思います。