オーサリングソフトについて

最近のデジタルカメラはすべてといっていいほど動画撮影機能を有していますよね。また携帯電話のカメラでも当然のように動画を撮影することができます。
自分で撮影したり編集したりした動画をパソコンに保存しているという人はたくさんいるでしょう。でも、それをDVDに書き込んでいざ家庭用DVDプレーヤーで見ようと思っても見れないってことはよくあるんじゃないでしょうかね。
実はDVDプレーヤーで見ようとするならばオーサリングという作業が必要になるんです。保存した動画ファイルをDVD-Rなどに書き込んだのではデータのただ保存をしただけにすぎないんです。オーサリングをして1つのDVDビデオを作成しなければならないんですね。

さて、オーサリングソフトですが、ネット上を探してみると無料のものが結構見つかります。Windowsにおいては、Windows Vista以降であればWindowsDVDメーカーというオーサリングソフトを搭載しています。動画の編集に至っても、XP以降であればWindows ムービーメーカーを搭載していますので、動画を作成することができます。しかしXPにはDVDメーカーはありませんので、どこからか引っ張ってこないといけなくなります。それらのものについては後に説明します。また携帯電話で撮影した動画をDVDプレーヤーで見れるようにするにはさらにひと手間必要になってきますので、気をつけなけれなりません。

動画の作成手順

  1. 撮影・録音・・・カメラで動画や写真を撮影し、また背景に流したいと思う音楽を録音して音声ファイルとしてコンピュータに保存する。
  2. 動画編集 ・・・動画編集ソフトを利用して、タイトルやエンドロールなどの文字を加えたり、動画と動画をつなぎ合わせたり要らない部分を削除したり、また録音した音楽を合成して1つの映像ファイルを作成する。
  3. オーサリング・・オーサリングソフトを利用して、タイトルメニューの作成やチャプターの編集をしてDVDに書き込む。

以上のような手順を行うことによってオリジナルのDVDを作ることができます。

オーサリングの手順

  1. 動画の取り込み・・・撮影したり作成したりした動画をオーサリングソフトに取り込みます。
  2. メニュー画面の作成・・・たいていのソフトにはテンプレートが多数搭載されていますので、その中から選ぶだけでDVDのタイトルメニュー画面が簡単に作れます。
  3. チャプター編集・・・チャプターを分けるのですがほとんどの場合、自動でやってくれます。
  4. DVD書き込み・・・出来上がったものをDVDメディアに書き込みます。

Windows DVDメーカー

何よりうれしいのはWindows Vistaおよび7に標準で搭載されているということです。使い方もめちゃくちゃ簡単です。
3gp等のファイル形式には対応していませんので先に紹介したFile Convertor等で変換する必要があります。

ルートメニュー・シーン選択メニュー・メッセージ画面 を作成する機能や、自動チャプター設定機能なども付いています。作成したビデオは、空のディスクにライティングすることでしか出力できません。メニューのテンプレートがおよそ20種類用意されているのと、メニューにもBGMを付けたり、メニューの背景にも動画を指定するといった機能まで備えています。細かいオプション設定を行えない一方、割りと凝った感じのメニュー画面を作ることができる。
先にも書いたようにWindows7までに搭載されているため、Windows8では利用できない。とても使いやすいソフトだっただけに、Windows8では搭載されなかったのが非常に残念なところですね。

大まかな作業手順としては、
①写真とビデオをリストに追加して、DVDのタイトルを決める。
②必要であれば、再生設定 • ビデオの縦横比率 • ビデオ形式の設定をする。
③DVDのメニューについてカスタマイズする。
④「書き込み」ボタンをクリック
このようにすればDVDへの書き込みが開始されディスクができあがる。

● 入力サポートフォーマット
動画 -  avi / mpg / m1v / mp2v / mpeg / mpe / mpv2 / wm / wmv / dvr-ms / wtv / asf。
音声 -  wav / mp2 / mp3 / wma。
画像 -  bmp / dib / gif / jpg / jpeg / jfif / jpe / png / tif / tiff / emf / wmf / wdp。
● 出力サポートフォーマット
DVD ディスク

WinX DVD Author

作成者 : Digiarty Software, Inc.
http://www.winxdvd.com/
WinX DVD Author は、MP4、AVI、WMV、H264、MPEG、RMVB、RM、MOV、ASF などのビデオファイルから 家庭用DVDプレイヤー(レコーダー)で再生可能なDVDビデオディスクを作製するDVDオーサリングソフトウェアです。

DVDビデオフォーマットへの変換、DVDディスクへのライティングの他、字幕ファイルの追加、DVDメニューの作成、チャプターメニューの作成、ビデオのカット編集、スナップショットの撮影も可能です。ダウンロード後インストールが必要となります。インストール時に日本語を選択することで、日本語化することができます。割と簡単な作業でDVDビデオを作成することができます。DVDStylerで作成失敗したファイルでもこのソフトを使うと簡単にDVDビデオを作ることができました。

OS : Windows 98、NT、2000、2003、XP、Vista、7
ライセンス : フリーウェア
WinX DVD Author 主な機能
● 入力サポートフォーマット
MKV, M2TS, M4V, AVI, ASF, MP4, MPEG, MOD, MOV, WMV, FLV, RM, RMVB, Xivd, DviX, H264, 3GP, OGG, QT, VOB, etc
● 出力サポートフォーマット
DVD ディスク, DVD フォルダー, VOB ファイル

急いで決めた結婚相手。私が若い時にペアーズがあれば…

私達が若い頃は出会い系サイトはあったものの、婚活サイトアプリなんてものはありませんでした。

出会い系サイトも今の真剣な婚活サイトアプリとは違って、怪しい物ばかりでした。

出会い系をしている人イコール遊び人と思われたり、変な事に巻き込まれたりする子というレッテルもはられてしまっていました。

なら、婚活する為に出会うなら、どこなのと言われたら、それは合コンだったり、誰かに紹介してもらったりという形しかとれませんでした。

それって、自分が行き遅れていて、結婚に焦っていますという事を言って回って恥を忍んで結婚相手を探す、婚活をするという事だったので、吟味して選ぶ事も出来ずに流れて結婚してしまった女性も沢山いました。

婚活アプリなんて無いから、世界で結婚出来ていない女性が自分だけの様に感じてしまってとても惨めになるのです。

それに、紹介してもらったら、その方が嫌でも相手の方に失礼でそう簡単には断れませんでした。

今の主人も紹介で知り合い、結婚しましたが、正直結婚当初から、他にいないかなと思いながらの結婚でした。

案の定結婚生活は良いものでは無く、あの時こうしておけばと後悔だけが残ってしまいました。

私が若い時にペアーズがあれば、もう少しゆっくりじっくり結婚相手も探す事あ出来たと思います。

今の方は自分で好きなだけ選べ吟味出来るから本当にうらやましいです。

DVDStyler

作成者 : Alex Thuring
http://www.dvdstyler.org/ja/
DVDStyler は、AVI, MOV, MP4, MPEG, OGG, WMV などの動画ファイルから家庭用 DVD プレイヤー(レコーダー)で再生可能な DVD ビデオディスクを作成する DVD ビデオ オープンソースソフトウェアです。

DVD ビデオメニュー編集が可能で、静止画のスライドショーの作成、複数の字幕および音声トラックの追加、背景画像用の画像ファイルの取り込みなどが可能で、GUI ( グラフィカルユーザインターフェース ) により簡単な操作でオリジナルの DVD ビデオを作成することができます。ダウンロード後、インストールして使用しますが、インストールが不必要なポータブル版もUSBメモリ等に入れて持ち歩いて使用することもできます。日本語にも対応していますので、インストール時に日本語を選択することでメニュー等日本語になります。

DVDに直接書き込むだけでなくISOファイルを作成したり、HDDへファイルを書きだすことにも対応しています。
実際に使ってみると、音声と映像のずれがあったり、ファイル名が日本語だと失敗することが多く、Windowsムービーメーカーなどを使って自分で映像とBGMを利用して動画を作成したものだと音声ファイルと映像ファイルの終わりがずれたりすることがあるためオーサリンに失敗することが多くあります。ちょっと難しいイメージでした。しかしメニューの作成などできることが多彩でフリーソフトとしてはかなり優秀だと思います。

OS : Windows、Linux、Mac OS X
ライセンス : フリーウェア
DVDStyler 主な機能
● 入力サポートフォーマット
AVI, MOV, MP4, MPEG, OGG, WMV その他のファイル形式に対応
MPEG-2, MPEG-4, DivX, Xvid, MP2, MP3, AC-3 その他の音声および映像形式に対応
● 出力サポートフォーマット
DVD ディスク, DVD フォルダー, VOB ファイル

● 対話的メニュー付きの DVD ビデオの作成と焼付け
● 独自の DVD メニューを作成することも、あらかじめ用意されたメニューの雛形から選択可能
● 静止画のスライドショーの作成
● 複数の字幕および音声トラックの追加
● マルチコアプロセッサーに対応
● MPEG および VOB ファイルを再エンコードなしで利用可能
● 一枚の DVD で複数形式の音声・映像ファイルを使用可能 (タイトルセットに対応)
● ドラッグ & ドロップに対応した利用者本位のインターフェース
● SVG に基づいた、柔軟なメニュー作成
● 背景画像用の画像ファイルの取り込み
● ボタン・テキスト・画像その他の視覚オブジェクトをメニュー上に任意に配置可能
● ボタンや視覚オブジェクトのフォント、色、その他のパラメーターの変更
● ボタンや視覚オブジェクトはすべてサイズ可変
● あらゆるメニューオブジェクト、およびメニュー全体の複写
● DVD スクリプティングによるナビゲーションの独自設定

Sothink Movie DVD Maker

作成者 : SourceTec Software
http://www.sothinkmedia.com
Sothink Movie DVD Maker は、様々なビデオフォーマットのファイルから家庭用 DVD プレイヤーで再生可能なフォーマットへの変換と DVD への書き込みを行う DVD ビデオオーサリングソフトウェアです。

組み込みのメニューテンプレートを使用して簡単にオリジナルの DVD ビデオを作成することができます。ISOファイルとして書き出すことができなく、直接DVD-R等へ書き込みます。ダウンロード後、インストールして使用します。英語のソフトのため日本語化パッチを入手して入れることにより日本語化することができます。

OS :Windows XP、2003、Vista、2008、7
ライセンス : フリーウェア
Sothink Movie DVD Maker 主な特徴
● 入力フォーマット
AVI、XviD、DivX、MP4、MPG、MPEG、WMV、ASF、RM、RMVB、MOV、QT、M1V、M2V、M4V、DAT、VOB、MOD、DV、3GP、3G2、FLV、F4V、OGM、H.264/AVC、MKV、M2TS、M2T、MTS、TS
● 書き込みサポートメディア
DVD 5 および DVD 9
DVD-R、DVD+R、DVD-RW、DVD+RW、DVD+R DL、DVD-R DL、DVD-RAM
● テレビシステム
PAL および NTSC
● DVD メニュー
DVD メニューのタイトルの編集、メニューボタンテキストの編集、バックグランド画像の変更、バックグランドオーディオの変更
● トリミング
ビデオファイルの必要な部分だけを抜き出して DVD への書き込み。

携帯電話の動画変換

スマートフォンでもそうですし、ガラケーでもそうなのですが、携帯電話で撮影した動画というのはたいていが3gpといわれる形式で保存されています。しかしながらオーサリングソフトの中には3gp形式に対応していないものが存在します。

それらのソフトがサポートしている動画の形式はaviかmpeg形式の動画です。携帯電話で撮影した動画からDVDビデオを作成しようとするならば、一旦3gpからmpegもしくはaviに変換してやる必要があります。
その返還作業に必要なソフトでお勧めしたいのが「Freemake Video Converter」というソフトです。
ダウンロード元URL:http://www.freemake.com/jp/free_video_converter/

使い方は物凄く簡単です。携帯電話で撮影した動画をmicroSDカードなどに保存してそれをPCに取り込みます。ソフトを起動したのち、画面上の「ビデオ」ボタンをクリックするとファイル選択画面が表示されます。そこで変換したいファイルを選択したのち、画面下の一覧から「MPEG」をクリックします。すると3gpのファイルがMPEGに変換されます。

さらにこのソフトのすごいところはオーサリング機能まで備えているというところです。画面下の一覧に「DVD」というボタンがあります。これをクリックするとDVDプレーヤーで再生できるよう直接変換してDVD-R等に書き込んでくれるのです。タイトルを付けて動画をつないで編集するといった作業が面倒だから撮影した動画のみを直接見れるようにしたいという場合などにはとても便利なソフトです。

ほかにもYoutube用に変換したりブルーレイ用に変換したりと様々な形式に変換できますので、動画を扱う人にはありがたいソフトだと思います。